東京 京都 新幹線 エクスプレス予約

東京−京都でも使えるエクスプレス予約・プラスEX

東京−京都間で利用する東海道新幹線の料金は、いくつかの方法で安くなります。
その一つが、エクスプレス予約・プラスEXという会員制の新幹線割引予約サービス。

 

この2つの大きな違いは、専用クレジットカードが必要か必要でないか。
エクスプレス予約には専用のクレジットカード「エクスプレスカード」が必要ですが、プラスEXには専用のカードは必要ありません。

 

さらに、この2つの違いを挙げるなら、年会費はエクスプレス予約が高く、料金は基本的にエクスプレス予約が安いです。
そして、利用できる区間が違い、エクスプレス予約は東京−博多間で利用できますが、プラスEXは東京−新大阪間までしか利用することはできません。
東京−京都では、エクスプレス予約・プラスEXのどちらも利用することができます。

 

エクスプレス予約・プラスEXの利用方法

エクスプレス予約・プラスEXの準備から、利用方法までを簡単にご紹介しましょう。

準備

まず、エクスプレス予約・プラスEXは会員登録をしなければ利用することができません。
さらに、エクスプレス予約の場合、会員登録と同時にエクスプレスカードを作らなければなりません。
プラスEXは対応している手持ちのクレジットカードでの登録が可能。
どちらとも、チケットレスIC乗車するためのICカードが送られてきます。
ここまで準備が整えば、いつでも予約して新幹線に乗ることができます。

予約

列車の予約はパソコン・スマホなどから専用サイトを経由して予約します。
ネット予約は乗車日の1ヶ月前から当日でも予約することができます。
普通車指定席・グリーン車は座席の予約が可能で、希望の列車と希望の座席をネット上で予約することができます。

乗車

会員本人のみでICカードで乗車する場合、ICカードでそのまま改札を通り、改札で乗車票を受け取ります。
2人分以上のチケットを予約して発券するなら、エクスプレス予約・プラスEXきっぷ受取り機でチケットを発券します。この時はICカードは必要なく、受け取ったチケットを使って乗車します。

 

学生なら学割も使える!

エクスプレス予約では、通常は特急券と乗車券がセットで安くなっています。
ところが、特急券・乗車券を分けて予約することも可能です。
エクスプレス予約の「e特急券」は特急券のみ別で割引料金で購入することができます。
これに学割で安くなった乗車券を合わせて乗れば、特急券・乗車券の両方が安くなるのでお得です。

 

エクスプレス予約・プラスEX利用時の東京−京都間の料金

東京−京都間の新幹線料金は、通常きっぷで「のぞみ」普通車指定席は13,910円。
エクスプレス予約で予約すると12,830円、プラスEXでは13,400円。
(IC早特ならエクスプレス予約・プラスEXとも11,800円。

 

年会費が高く、専用クレジットカードが必要な分、エクスプレス予約の方が安いです。
では、このエクスプレス予約を使って、2人以上で東京−京都を往復するといくら安いのか?

大人2人で往復

大人2人で往復すると、通常きっぷでは2人で往復55,640円。
エクスプレス予約で往復すれば往復51,320円なので合計4,320円お得です。

学生2人で往復

学生が学割とe特急券を併用すると、学割乗車券は片道6,560円、e特急券は4,820円。
片道料金は1人11,380円なので、2人分の往復料金は45,520円。
学割+e特急券なら、2人で往復10,120円お得です。

大人2人・学生2人

中学生以上の学生2人を含む家族旅行の場合。
大人2人分は4,320円安くなり、学生分は10,120円安くなるので、4人で合計14,440円安くなります。

大人2人・子ども2人

通常きっぷ子ども料金は大人の半額で6,950円なので、2人分の往復料金は27,800円。
エクスプレス予約の料金は子ども1人6,410円なので、2人分の往復料金は25,640円。
子ども料金だけの差額は2,160円ですが、大人分の差額4,320円を合計すると6,480円お得です。

 

 

このようにエクスプレス予約を利用すれば、東京−京都間の新幹線料金は間違いなく安くなります。
しかし、それ以上に安いのが新幹線ホテルパック

 

例えば、1泊7,400円くらいの格安ホテルに泊まるプランの料金は、往復+1泊で27,800円。
エクスプレス予約で往復した時には1人33,060円かかるので、1人5,260円、2人で10,520円エクスプレス予約よりもさらにお得です。