東京−京都は自由席でいくら安い?

東京−京都の新幹線移動は東海道新幹線。
東海道新幹線の中で、最も列車の本数が多く、利用者も多いのは「のぞみ」の指定席。

 

「のぞみ」の指定席より少しでも安く新幹線に乗るために、まず思いつくのは「自由席」。
特に東京駅から新幹線に乗る場合は、列の前の方に並んでいれば確実に席を確保することができます。

 

では、この自由席、東京−京都でいくら安いのでしょうか?

 

のぞみ指定席 ひかり指定席 自由席
14,170円 13,850円 13,320円

全て通常期の料金ですが、「のぞみ」指定席より850円安く、「ひかり」指定席より530円安いです。
指定席の場合は、「のぞみ」「ひかり」で料金が違いますが、自由席の料金は全列車同額です。
また、指定席の場合は、繁忙期は−200円、閑散期は+200円ですが、自由席は通年同じ料金です。

 

片道料金の差額としては、それほど大した差額ではありません。
これくらいの差額であれば、東京−京都なら新幹線格安チケットで指定席に乗っても料金は同じくらいです。

 

それでも自由席が混雑する理由があるのです。

 

新幹線の自由席は家族連れで混雑?

新幹線には子供料金の設定があります。
料金は大人の半額で、対象になるのは小学生。
小学生未満の子供は、指定席に乗ると子供料金、自由席に乗ると無料です。

 

自由席が混雑する理由がここにあります。

 

家族で新幹線に乗る時、小学生未満の子供がいる場合、自由席に乗ると完全にお得なのです。
だから、年末年始やお盆などの帰省ラッシュ時期には、自由席の乗車率が150%とかになるわけです。

 

では、東京−京都の往復を自由席にすると、実際いくら安くなるのでしょうか?
大人2人、幼稚園の子供1人の料金で比較してみましょう。

指定席

指定席の場合は、子供の席を確保すると子供料金。
「のぞみ」指定席なら東京−京都間は大人2人・子供1人で往復70,840円。

自由席

自由席なら小学生未満の子供は無料なので、かかるのは大人2人分往復の53,280円のみ。

この料金を比べてみると差額は17,560円と、さすがに大きいです・・・。
(指定席も座席が要らないくらいの小さな子供であれば指定席でも無料なので、大人分の指定席往復料金56,680円で済みます。)

 

 

では、泊まった場合、東京−京都の新幹線最も格安に乗れる新幹線ホテルパックと比べると、どちらが安いのでしょうか?
こちらも実際の料金を比較してみましょう。

 

自由席か新幹線ホテルパックか?

自由席

大人2人、幼稚園の子供1人で東京−京都を自由席で往復するとかかる料金は53,280円。
ホテルの宿泊は1人4,900円×3人だとすると14,700円。
往復&宿泊の合計は67,980円。

新幹線ホテルパック

同じホテル泊まる新幹線パックを利用すると大人2人・子供1人で合計63,800円
この料金で指定席を3席(大人2・子供1)、3人分の寝具を利用することができます。

 

比較してみると、幼児同伴で自由席に乗るよりも新幹線ホテルパック指定席に乗った方が安いです。
東京−京都で自由席の利用を検討する時は、子供の料金を考えながらこのような比較してみるといいですね。